トップページ » 共同利用機器一覧 » 共同利用機器詳細(2000kN動的アクチュエータ)

共同利用機器詳細(2000kN動的アクチュエータ)

 

 6.  2000kN動的アクチュエータ
管理研究室 吉敷研究室
管理者 吉敷祥一
管理補助者  石田孝徳
設置場所  R3A棟145号室 
装置概要  建築構造材料・部材の載荷装置(島津製作所製)
本試験装置は、2基のアクチュエータ、平行移動装置、反力梁から構成される。 アキュムレータに蓄圧された油圧を利用して短時間の高速の載荷が可能である。2基のアクチュエータが平行移動装置に取り付けられており、 最大2000kN(静的では3000kN)の試験が可能である。

アクチュエータ性能
荷重容量(2基あたり): 圧縮引張2000kN(静的では3000kN)
最大ストローク:±250mm
最大速度:±500mm/s
周波数:最大3Hz
試験走行距離:最大1440mm  
申込方法  管理補助者の石田(電話5330)まで事前に連絡。
HP予約サイト 申込先が承認した者。なお初心者は管理補助者の立会いを要する。
利用日時  平日午前 8 時~午後 8 時(深夜、土休日利用の場合は事前に管理補助者に申し出のこと)
利用料金  無料
その他注意事項  アクチュエータに油圧がかかっている状態で、試験機の負荷範囲内に立ち入らないこと。
アクチュエータの起動前後に、油面高さを記録すること。

 

ページトップへ