トップページ » 共同利用機器一覧 » 共同利用機器詳細(SQUID 磁化率測定装置)

共同利用機器詳細(SQUID 磁化率測定装置)

 

 20.  SQUID 磁化率測定装置
管理研究室 東研究室
管理者 東 正樹
管理補助者  重松 圭
設置場所  R3-C棟104号室
装置概要  カンタムデザイン社製MPMS
RSOオプション
Ever Coolにより液体ヘリウム不要
利用可能範囲  温度:1.8 〜400K
磁場:〜5T
申込方法  東研究室 東(mazuma@msl.titech.ac.jp)まで事前に連絡.申し込み受理後、メールでアクセス権を送付(google calenderで管理)。
利用日時  平日、午前中~翌日午前中(1件/1日)
試料条件  ストロー(φ~5mm)に入れられる程度の固体試料。
利用料金  補充用のヘリウムガス代を利用実績に応じて負担
注意事項  基本的に原理・使用方法に習熟している方に限ります。
測定条件によってはノイズが生じることがありますので、管理者と相談してください。

 

ページトップへ