トップページ » 研究成果一覧

研究成果一覧

1: スピン偏極したトポロジカル表面における超伝導 (Nature Communications 8, 976 (2017); DOI:10.1038/s41467-017-01209-9) 笹川研究室
https://www.nature.com/articles/s41467-017-01209-9

2: 欲しいものだけを合成する新触媒 ―医農薬からバイオマスの高付加価値化まで― (Journal of the American Chemical Society;10.1021/jacs.7b04481) 原・鎌田研究室
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.7b04481

3: 隙間に入ったイオンのガラガラ振動によって超伝導が発現する物質を発見 (J. Am. Chem. Soc., , 139 (24), 8106–8109(2017))
細野研究室
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.7b04274

4: コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見(Journal of the American Chemical Society; 10.1021/jacs.7b01851)東研究室
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jacs.7b01851

5: シリコンと窒素だけからできた硬い透明セラミックスを合成―空気中で1,400 ℃の耐熱性、過酷な条件下の光学窓材に応用可能―(Scientific Reports; 10.1038/srep44755 )若井・西山研究室
http://www.nature.com/articles/srep44755

6: 新触媒で糖由来化合物から欲しいものだけを合成―バイオマス資源から有用化成品製造への応用に期待― (Chemical Science;DOI: 10.1039/C6SC05642C)原・鎌田研究室
http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2...

7: 室温で強磁性・強誘電性が共存した物質を実現―低消費電力・超高密度磁気メモリー開発に道―(Advanced Materials, 2016)東研究室
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adma...

8: 電気分極の回転による圧電特性の向上を確認―圧電メカニズムを実験で解明、非鉛材料の開発に道―(Advanced Materials, 2016)
東研究室
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adma...

9: 希少元素を使わずに赤く光る新窒化物半導体を発見(Nature Communications, 2016)
大場研究室、細野・神谷・平松研究室
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms11962

10: 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇 (Proc. Natl. Acad. Sci. USA, Early Edition (2016))
細野・神谷・平松研究室
http://dx.doi.org/10.1073/pnas.1520810113

11: トポロジカル表面電子の磁気モーメントの精密測定に成功
(Nature Communications 7, 10829 (2016); doi:10.1038/ncomms10829)笹川研究室
http://www.nature.com/ncomms/2016/160224/ncomms...

 

過去の研究成果一覧(2015)

過去の研究成果一覧(2012-2014)

過去の研究成果一覧(1990-2011)

ページトップへ