トップページ » 過去に開催された講演会・セミナー » 過去に開催された講演会・セミナー(2015年度) » 第306回応用セラミックス研究所講演会 (藤田 武志 氏)

第306回応用セラミックス研究所講演会 (藤田 武志 氏)

開催日時 2015/12/28 13:00 -14:30
開催場所 元素戦略研究センター レクチャーホール
主催応用セラミックス研究所
連絡先細野 秀雄 教授(内線:5009)

プログラム等

第306回応用セラミックス研究所講演会

講師: 藤田 武志
    (東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 准教授)

講演テーマ: 排ガス用多孔質金属触媒とその場TEM観察

Abstract:
 Nanoporous metal (NPM) produced by dealloying is an emergent multifunctional material. The simple dealloying technique produces a self-organized and self-supporting three-dimensional nano-architecture offering a variety of attractive applications. NPM is now a new form of ‘Gold rush’. In this presentation, some examples will be introduced for catalytic application. The important implication for general catalyst design will be discussed.
[1] Fujita, T. et al., Nature Materials, 11 (2012) 775-780.
[2] Fujita, T. et al., Nano Lett., 14 (2014) 1172-1177
[3] Kuwano-Nakatani, S. et al., Mater. Trans., 56 (2015) 468-472.
[4] Fujita et al. Advanced Functional Materials in press.

 

 

 

 

 

ページトップへ