トップページ » プレスリリース » 東工大の研究成果を応用し、大型有機ELパネルの効率的な量産に貢献
(細野秀雄教授)
東工大の研究成果を応用し、大型有機ELパネルの効率的な量産に貢献
(細野秀雄教授)

東工大ニュース(研究、社会連携) 2016年05月26日

 東京工業大学と旭硝子株式会社(以下、AGC旭硝子)は、本学 科学技術創成研究院の細野秀雄教授の研究グループが開発した「C12A7エレクトライド(C12A7:e-)」を用いて均一な非晶質薄膜を共同開発しました。AGC旭硝子は、これを量産するために必要なスパッタリングターゲット材の工業化と商業生産を開始しました。

 詳細は、東工大ニュースをご覧ください。

 

 

細野研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ