トップページ » プレスリリース » 希少元素を使わない赤色発光半導体を開発
(大場史康教授・平松秀典准教授・細野秀雄教授)
希少元素を使わない赤色発光半導体を開発
(大場史康教授・平松秀典准教授・細野秀雄教授)

日刊工業新聞 他9紙 2016年06月22日

  日刊工業新聞は6月22日付朝刊で、大場史康教授と平松秀典准教授、細野秀雄教授らのグループが、希少元素を使わない赤色発光半導体を開発したと報じた。
  カルシウムと亜鉛、窒素の3元素で構成されており、レアメタル(希少金属)のように価格が高騰するリスクがない。発光素子や太陽電池への応用を目指す。

本研究成果は、以下のメディアでも紹介されています。
6月22日付 日経産業新聞8面、化学工業日報朝刊1面、南日本新聞、京都新聞
6月27日付 化学工業日報朝刊5面、産経新聞朝刊11面
7月1日付 科学新聞4面
7月5日付 日刊産業新聞朝刊23面
7月28日付 毎日新聞朝刊12面

マイナビニュース

 

東工大プレスリリース

大場研究室

細野・神谷・平松研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ