トップページ » プレスリリース » 非侵襲性高感度医用デバイスの開発について掲載されました。(曽根正人教授)

非侵襲性高感度医用デバイスの開発について掲載されました。(曽根正人教授)

読売新聞 2017年07月02日 朝刊30面

  読売新聞は7月2日付朝刊30面で、曽根正人教授の「知の拠点セミナー」での講演について掲載しました。「知の拠点セミナー」は、全国の国立大が研究の最前線を紹介する公開講座です。講演は「非侵襲性高感度医用デバイスのための貴金属材料の作製とその材料評価」と題して、最新の研究成果が紹介されました。

詳細は、こちらをご覧ください。

曽根研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ