トップページ » プレスリリース » スピンが偏った超伝導状態の検証に成功
―トポロジカル超伝導の実現へ向けて―(笹川崇男准教授)
スピンが偏った超伝導状態の検証に成功
―トポロジカル超伝導の実現へ向けて―(笹川崇男准教授)

東京工業大学プレスリリース 2017年10月18日

 理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センター 創発物性計測研究チームの岩谷克也上級研究員、花栗哲郎チームリーダー、東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の笹川崇男准教授らの共同研究グループは、「トポロジカル超伝導体」の候補物質β-PdBi2の表面において、スピンが偏った(スピン偏極した)特異な状態が超伝導になっていることを明らかにし、プレスリリースを行いました。

Nature Communicationsの掲載はこちら、 本学の発表は、こちらをご参照ください。

 

笹川研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ