Home
 研究内容
 研究トピックス  
 講義関連
 実験装置
 学会発表
 講演会のお知らせ
 メンバー紹介
 研究室行事
 OB&OG
 博士論文
 論文一覧
 研究室の生活
 論文発表会のお知らせ
 安全衛生マネジメント
  
 薄膜X線回析装置
2018年の学会発表
<2017> <2016> <2015> <2014> <2013> <2012> <2011> <2010> <2009> <2008> <2007> <2006>  
 国内会議 
会議名・会期・会場 発表日・タイトル・発表者
3/22
-
3/25
日本物理学会第73回年次大会
(東京理科大・野田キャンパス)
3/22 磁気弾性効果によるCo/Ni多層膜の磁気異方性変化 (Poster) 粉川 育也, 小松 克伊, 宇佐見 喬政, 伊藤 満, 谷山 智康
3/22 反強磁性/強磁性界面を有する細線における強磁性共鳴 (Poster) 宇佐見 喬政, Rantej Bali, Jrgen Lindner, 伊藤 満, 谷山 智康
3/22 BaTiO3を用いた歪み印加によるPd(100)薄膜の強磁性変調 (Poster) 坂 裕介, 小松 克伊, 櫻木 俊輔, 谷山 智康, 影島 博之, 佐藤 徹哉
3/22 スピントルク強磁性共鳴法を用いたFeRhに作用するスピントルクの測定 (Poster) 田中 健勝, 森山 貴広, 宇佐見 喬政, 谷山 智康, 小野 輝男
3/23 k-アルミナ型マルチフェロイックスのドメイン構造と強誘電性 (Oral) 伊藤 満, 片山 司, 安井 伸太郎, 木口 賢紀, 白石 貴久, 赤間 章祐, 森分 博紀, 小西 綾子
3/24 電場印加前後でのBaTiO3内殻原子軌道のエネルギー準位計測 (Oral) 押目 典宏, 狩野 旬, 池永 英司, 安井 伸太郎, 日隈 聡士, 池田 直, 濵嵜 容丞, 安原 颯, 横谷 尚睦, 伊藤 満, 藤井 達生, 保井 晃
3/25 SDDタイムスタンプを利用したサブマイクロ秒時分割XAFSの試み (Oral) 加藤 盛也, 小野 颯太, 中島 伸夫, 足立 純一, 仁谷 浩明, 丹羽 尉博, 武市 泰男, 安井 伸太郎
3/17
-
3/20
第65回応用物理学会春季学術講演会
(早大・西早稲田キャンパス)
3/19 酸化物ドットを担持したLiCoO2エピタキシャル薄膜の作製とその高速充放電特性のドット種依存性 (Oral) 安原 颯, 吉川 祐未, 寺西 貴志, 安井 伸太郎, 谷山 智康, 伊藤 満
3/20 分極効果で変調される強誘電体BaTiO3薄膜の電子構造 (Poster) 押目 典宏, 狩野 旬, 池永 英司, 安井 伸太郎, 日隈 聡士, 池田 直, 濵嵜 容丞, 安原 颯, 横谷 尚睦, 伊藤 満, 藤井 達生, 保井 晃
3/20 0.6Pb(Mg1/3Nb2/3)O3-0.4PbTiO3リラクサー強誘電体の常誘電相における分極成長 (Oral) 符 徳勝, 趙 偉, 李 国栄, 伊藤 満
3/15
-
3/17
日本セラミックス協会2018年年会
(東北大・川内北キャンパス)
3/15 分極効果で変調される強誘電体BaTiO3薄膜の電子構造 (Poster) 押目 典宏, 狩野 旬, 池永 英司, 安井 伸太郎, 日隈 聡士, 池田 直, 濵嵜 容丞, 安原 颯, 横谷 尚睦, 伊藤 満, 藤井 達生, 保井 晃
3/17 スピネル型ZnCa2O4:Mn蛍光体薄膜におけるZn量が蛍光特性に与える影響 (Oral) 太宰 卓朗, 安井 伸太郎, 谷山 智康, 伊藤 満
3/17 混合原子価ホモロガス相酸化物CaFe2O4·nFeO (n = 2)の金属絶縁体転移と構造相転移 (Oral) 寺口 健斗, 安井 伸太郎, 森吉 千佳子, 黒岩 芳弘, 谷山 智康, 伊藤 満
2/19
-
2/22
科研費特別推進研究「スピンオービトロニクス」平成29年度報告会
(小樽)
2/20 イオン照射による面内反強磁性/強磁性界面の形成と強磁性共鳴の変調効果 (Poster) 宇佐見 喬政, Rantej Bali, Jürgen Lindner, 伊藤 満, 谷山 智康
1/11
-
1/12
第56回セラミックス基礎科学討論会
(つくば国際会議場)
 
1/12 GaFeO3単結晶基板を用いたSc0.5Fe1.5O3薄膜の単ドメイン化 (Oral) 立山 昂輝, 片山 司, 越阪部 拓也, 太宰 卓朗, 余 建定, 賀 歓, 王 慧, 濵嵜 容丞, 安井 伸太郎, 谷山 智康, 伊藤 満
1/12 巨大誘電特性を示すTiO2:(In, Nb)薄膜の作製及び電的特性の評価 (Oral) 藤田 俊樹, 安井 伸太郎, 谷山 智康, 伊藤 満
1/4
    
2018年強的秩序とその操作に関する第6回研究会
(東大・本郷キャンパス)
    
1/4 k-Al2O3型強誘電体/フェリ磁性体のドメイン構造と分極反転阻害の可能性 (Poster) 安井 伸太郎, 片山 司, 濵嵜 容丞, 谷山 智康, 小西 綾子, 森分 博紀, 白石 貴久, 赤間 章裕, 木口 賢紀, 伊藤 満
1/4 SDDタイムスタンプを利用したサブマイクロ秒時分割XAFSの試み (Poster) 加藤 盛也, 小野 颯太, 中島 伸夫, 足立 純一, 仁谷 浩明, 丹羽 尉博, 武市 康男, 安井 伸太郎
1/4 菱面体晶構造を有するBiFeO3薄膜に起因したX線回析パターンの検出 (Poster) 一ノ瀬 智浩, 安井 伸太郎, In-Tae Bae, 永沼 博
 国際会議 
会議名・会期・会場 発表日・タイトル・発表者
5/27
-
6/1
 
2018 ISAF-FMA-AMF- AMEC- PFM Joint Conference
(IFAAP 2018)
(Hiroshima, Japan)
   
5/28 Preparation of GaFeO3 Single Crystal and Epitaxial Thin Films on Single Crystal (Oral) K. Tachiyama, T. Katayama, T. Osakabe, T. Dazai, J. Yu, H. He, H. Wang, Y. Hamasaki, S. Yasui, T. Taniyama, and M. Itoh
5/28 Dielectric Properties of BaTiO3 under AC Electric Field Studied Bytime-resolved X-ray Absorption Spectroscopy (Poster) S. Kato, S. Ono, N. Nakajima, J. Adachi, H. Nitani, Y. Niwa, Y. Takeichi, and S. Yasui
5/29 Thin Film Modeling of Colossal Permittivity Material (Poster) T. Fujita, S. Yasui, T. Taniyama, and M. Itoh
5/30 Super High-Speed Chargeable Lithium Ion Thin Film Battery (Poster) S. Yasuhara, S. Yasui, Y. Yoshikawa, T. Teranishi, T. Taniyama, and M. Itoh
3/3
-
3/5
Joint International Workshop of WFF & WFSM 2018
(Hidaka, Japan)
3/4 Cation Substitution Effect in Ferroelectric k-Al2O3-type Oxides (Oral) Mitsuru Itoh
1/28
-
1/31
Fundamental Physics of Ferroelectrics and Related Materials 2018 (Ferro2018)
(Washington, DC, USA)
1/29 Cation Substitution Effect in Ferroelectric k-Al2O3-type Oxides (Oral) Mitsuru Itoh
1/15
-
1/16
2018 PiezoMEMS Workshop
(Orlando, USA)
1/16 Novel Bi-based Perovskite Piezoelectric Materials as an Alternative to PZT (Oral) Shintaro Yasui
1/7
-
1/10
Magnetic and Optics Research International Symposium (MORIS 2018)
(New York, USA)
1/9 FMR Linewidth Variation with Distance from Lateral Antiferromagnet / Ferromagnet Interfaces (Poster) Takamasa Usami, Rantej Bali, Jurgen Lindner, Mitsuru Itoh, and Tomoyasu Taniyama
1/9 Magnetoelastic Modulation of Perpendicular Magnetic Anisotropy of Co/Ni Multilayer / BaTiO3 (Poster) Ikuya Kokawa, Katsuyoshi Komatsu, Takamasa Usami, Mitsuru Itoh, and Tomoyasu Taniyama