電気炉の使い方(横型炉)

注意)最高到達温度は,1200℃となっていますが,使用する前にチェックしてください.

全体図

 
 


使い方手順

1.サンプルを炉心管内にセットする

2.炉心管の両端にグラスウールを詰める

3.電源を入れる

4.時間,温度などをセットする

5.爆発したときの事を考えて両端に

板などを置き二次災害を防ぐ

 

終了方法

1.温度が十分室温に近くなっていることを確認し,サンプルを取り出す

2.リセットして電源を切る

 

シーケンスの作り方

 例)980℃まで24hで昇温

980℃で12h保持

30℃まで12hで降温

の場合を説明します.

 

     電源スイッチをオン

     表示が「END」の時はFNC+RESET+リセットボタン

 

 

リセットボタン

 

電源スイッチ

 

 

すると,この画面になります.ここからシーケンスを作ります.

 

 

     MODE

     or∧で2をえらぶ

     ENT

 

 

     PTNを∨or∧で選択

(どれでも可だが,中には動かないPTNもあるので注意する)

     SEL

(ここではパターン3を選択)

 

 

 

PTNを決めたら,STPを決めます.

 

←「980℃まで24時間で上げる」

 

 

←「980℃で12時間保持」

 

 

←「30℃まで12時間で下げる」

 

 

最後に時間のところをENDにすること.

 

 

設定を変えたい時には・・・

アンダーバー:>で動く

数字:∨and∧で変更できる

 

変更すると?マークが表示されるので,ENTで変更終了できます.