グローブボックスの使い方

使用していないときの状態は全てのコック・扉が閉じている状態である。(写真の通り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@     Aを開き、中に入れたいものを部屋Aに入れ、扉Aを閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


A     ロータリーポンプの電源を入れる。

電源を入れた直後は大きな音がするが、すぐに小さくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


B     コックAを開く。

ロータリーポンプの音に注意する。

 

 

 

 

 

 

 

 

C     圧力ゲージの針が10 mbarを切って下がらなくなるまで待つ。(この間にD、Eをやってもよい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


D     窒素ガスを流す。(窒素ボンベの使い方は別紙を参照)

E     コックBを開き、部屋Bにグローブが張る程度窒素ガスを流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

F     Cの後、コックAを閉じ、コックCを徐々に開く。

グローブの収縮具合に注意する。グローブがあまりに縮むようなら一旦コックCを閉じ、グローブが膨らむまで窒素を流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

G     圧力ゲージの針が大気圧よりやや低い状態(950 mbar程度)まで戻ったらコックCを閉じる。

部屋Bの内圧より部屋Aの内圧が低い状態ならばよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

H     B〜Gの行程を23回行い、最終的にはGでコックCは開いた状態にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

I     コックDを開きグローブに手を入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

J     Bを開き作業を行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


K     作業後、取り出すものを部屋Aに移し、扉Bを閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


L     グローブから手を抜き、コックCDを閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M     Aを開き、部屋Aにあるものを取り出し、扉Aを閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


N     ロータリーポンプの電源を切り、次に真空ポンプのリークのためコックAを一旦開き、閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O     グローブが張るまで窒素を流し、コックBを閉じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

P     窒素ガスを止める。(窒素ボンベの使い方は別紙を参照)


別紙1    ボンベの使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブ1 : 窒素ボンベの開閉バルブ。時計回りで閉まる。

バルブ2 : 圧力調整用のバルブ。反時計回りで閉まる(フリーになる)

バルブ3 : 流量調整用のニードルバルブ。時計回りで閉まる。

 

 

開け方

 ※ すべてのボンベが閉まっていることを確認する。

@ バルブ1を開ける

  (右の圧力計が、ボンベ内の圧力を示す)

A       左の圧力計が1 kgf/cm2程度の圧力になるようにバルブ2を時計回りに回して開ける(締まる)。

B       バルブ3で流量を調節する。

 

 

閉め方

@       バルブ3を閉める。

A       バルブ2を閉める(反時計回りに回してフリーにする,)

B       バルブ1を閉める。