解析WG

 解析WGは、前述の完全崩壊実験WGと免震・制振実験WGの研究課題に対し、解析にかかわる検討を主に支援する。多田元英(主査・大阪大)、大崎純・聲高裕治(京都大)、元結正次郎・山田哲(東工大)、松岡祐一(防災科研)で構成される。完全崩壊実験WGとの共同作業として、以下を計画した。
1) 線材レベルにモデル化した簡易な平面架構を用いて種々のパラメトリック2 次元解析を行い、設計で想定するレベルの地震動に対する挙動や、さらに大きな地震動に対する倒壊性状を検討し、試験体の設計判断資料を提供する。


2) シェル要素モデル、合成梁や露出柱脚の詳細力学モデル、コンクリートの大局的な挙動を表現する構成則などを駆使した詳細な3 次元解析により立体効果を検証するとともに、モデルの精粗にともなう建物応答の違いを把握することで試験体の挙動を幅を持って予測する。


3) 震動台実験で得られるデータを分析・利用することにより、鋼構造建物が倒壊に至るまでの挙動を追跡するための高精度数値解析シミュレーション技術の向上を目指す。


4) 鋼構造建物の倒壊条件をエネルギーバランスに基づいて解析的に検討し、倒壊に至るまでの余力を定量的かつ簡便に把握することを目指す。


免震・制振実験WGとの共同作業として以下を計画している。
1) 各種の免震装置や制振ダンパーをともなう試験体の地震応答挙動を数値解析で把握する。


2) 部材や接合部を詳細にモデル化して、各種ダンパーを設置した試験体の立体地震応答解析を行い、コンクリート床や接合部の局所的な損傷を定量的に把握する。


解析WGは、本プロジェクトで行う部材実験や既往の実験結果を参照し、各種数値解析ツールの性能検証や、種々のモデル化に対する入力データのあり方の検討にも取り組んでいる。


ブラインド解析コンテスト


解析WG-PPT