摩擦ダンパーの実験と解析モデル化および性能予測


  近年、建物の主架構内に制振装置を組み込むことにより、地震時における建物の損傷を制御する技術の開発が進められている。本研究では変位依存型の制振デバイス装置として挙げられる摩擦ダンパーの設計を行い、動的実験にてその挙動の検証を行った。
  ボルト摩擦接合ダンパーとは、摩擦接合を利用した簡易な構造形式からなるダンパーであり、摩擦材であるブレーキパッドをボルトで固定し、それに軸力を導入することで金属板とブレーキパッドの間に摩擦力を生じさせ、エネルギーを吸収するという原理である。本研究では金属板として鋼材のほかステンレス板を用いた。またボルト軸力のリラクゼーション対策として皿ばねを用いた実験も行っている。