減衰付加による地震応答の低減効果に関する基礎的研究


  現在、地震時の建物の応答を予測する代表的な方法として、コンピューターによる時刻歴応答解析があるが、その結果はある入力地震動に対する特解であり、そこから構造物の耐震性能を包括的に把握することは難しい。このため、最大応答を簡易に予測するスペクトル法の適用が近年検討されている。
  スペクトル法の簡易性をさらに向上させるためには、減衰の付加による応答低減効果を表わす応答低減率Dhを用いることが必要となる。現在までDhについては、いくつかの評価式が提案されているが、充分な検討がなされていないのが現状である。そこで本稿では、各予測式に対して多数の地震波を入力波として用いて統計的に処理することにより、その精度の妥当性について検討を行う。