戸建木造住宅用制振壁の開発


 当研究室では、戸建木造住宅の耐震性を高め、地震後の損傷を抑えることが出来る制振壁の開発を行ってきました。これまでに2層実大フレームでの振動台実験を行い、その有効性を確認しました。動画は振動台実験を行った時のもので、通常の耐震壁(構造用合板)からなる試験体に比べ、制振架構は変形が小さく抑えられていることが分かります。現在この技術は特許審査請求中で、既に2社が商品化を進めています。


合板動画

制振動画