粘弾性ダンパーの空間構造への適用とその応答評価に関する研究

 兵庫県南部地震以降,一般の多層骨組構造の分野では,変形をダンパー等のエネルギー吸収部材に集中させることで,柱や梁の損傷を回避するパッシブ制振の手法が注目されている。この設計手法を応用することで,地震時における大スパン構造の応答性状の改善が可能と考えられる。一方,これまでに提案された大スパン構造のパッシブ制振には,平面的なトラス屋根へのダンパーの適用が検討されているのみで,曲面屋根を持つドーム架構への適用は未だ検討されていない。そこで本論文では,ドーム架構に粘弾性ダンパーを組み込む新しい大スパン構造の提案を行い,システムの動的特性について分析し,地震動特性と応答性状の関係について明らかにすることを目的としている。