地震時の構造物の衝突に関する解析・評価法


 近年、中程度以上の地震では、隣接する建物間の距離が不十分な場合に、それらが衝突する可能性のあることが指摘されている。これ以外に、同一の建物内でエキスパンジョイントやブリッジで接続される部分でも、衝突が生じることが考えられる。
 衝突を生じない建物間の距離がどの程度必要かは、2つの建物の相対変位を、時刻歴解析によって求めることで評価可能である。だが、過去や今後起こりうる地震の応答スペクトルに基づく評価法を開発できれば有用である。建物の相対変位の最大値は、それぞれの建物の最大変位だけでなく、それらの線形・非線形な応答の位相にも影響されるので、本研究では、隣接建物の周期、減衰定数、高さ、塑性変形量、復元力特性などをパラメータとした検討を行っている。
 建物間に充分な距離を保持できない場合は、それを鑑みた建物の設計が必要となる。さらに研究を展開し、建物応答の簡易評価法や、建物衝突の影響を緩和する実務的手法についても検討を行う予定である。