弾塑性ダンパーをもつ制振構造の等価線形化および設計法


 近年パッシブ制振構造が一般的となり,様々なタイプのエネルギー吸収機構が実用化されている。中でも鋼材ダンパーや座屈拘束ブレースなどの弾塑性ダンパーを用いた制振構造は,低コストで装置反力を制御しやすいため,我が国では非常に普及率が高い。しかし,現状では設計者にとって初期設計時にどの程度ダンパーを付加するか合理的に決定されているとは言い難い。そして,時刻歴解析を駆使した試行錯誤的設計がよく行われているが,それにより構造物の耐震性能を包括的に把握することは難しいのが現状であり,未だ制振構造に関する設計指針などは確立に至っていないのが現状である。
 そこで,弾塑性ダンパーを用いた制振構造のさらなる普及・発展のためには,これらの問題を解消し,設計者にも理解しやすい簡易・論理的な制振構造の応答予測法・設計法の確立が急務であると考えられる。この方法は,地震入力,ダンパー量,応答低減効果との間の包括的な関係を把握できるようなものでなければならない。