粘弾性ダンパーをもつ制振構造の等価線形化および設計法


 粘弾性ダンパーは、微小変形から大きな変形まで安定したエネルギー吸収を行なう制振部材である。また、必要に応じ様々な形状をとることができ、材料が柔軟なため理想的な稼動方向と異なる微妙な地震時の動きも許容するなど、有用な点が数々認められる。
 目標応答値を満たすまで試行錯誤的に粘弾性ダンパーのサイズを変え地震応答解析を繰り返す設計手法と対比し、ダンパーと他の構成要素のバランスが制振効果に及ぼす影響や、要求性能に対する様々な解のオプションを明示し、制振のしくみの理解を促しながら合理的な設計を可能にする手法が必要である。本研究では、粘弾性ダンパーをもつ制振構造について、構成部材と制振性能の関連を包括的に表す性能曲線を提案し、それを用いた設計手法の構築を行った。また、時刻歴解析により本設計手法が高精度であることを示すことができた。