架構の塑性化を考慮した粘弾性ダンパーをもつ制振構造の等価線形化および設計法


 制振構造の設計手法として、試行錯誤的な時刻歴解析によらない合理的な設計手法が提案されているが、制振技術は架構を弾性に留め、その財産保持性を高めることを主目的とするため、それらの設計手法は架構を弾性と仮定するものが多い。しかし、実務設計では構造物の力学的特性や経済的な理由から、想定する地震動において架構を弾性範囲としない設計事例が少なくない面もある。
 本研究では、粘弾性ダンパーをバイリニア型の復元力特性をもつ架構に設置した構造の設計法の構築を行った。この構造は、架構の塑性化による履歴減衰と、粘弾性ダンパーによる粘性減衰が存在する。このため、それらの共存が構造性能に及ぼす影響を反映した性能曲線を作成し、それを用いた設計手法を提案した。また、時刻歴解析により本設計手法が高精度であることを示すことができた。