制振構造の架構形状を考慮した動的特性と部材力の評価法


  建築構造物への制振技術の適用に関する研究開発が増える一方で、制振構造物の動的特性(等価剛性や損失剛性)・部材力に対する評価法や複雑な力学的挙動を示すシステムの簡易モデル化手法について言及するものは少ないのが現状である。笠井研究室では、任意の架構形状をもつ制振構造物における動的特性や部材力の簡易評価法を提案した。
  ダンパーをその特性に関わらず固定・解除した2つの状態の静的解析をおこない架構の特性を把握する。この結果を用いて、架構に変位もしくは速度依存型のダンパーを取り付けた制振構造の動的特性値、および全体・局所の最大応答量を把握できる理論を提案した。更に、梁や柱の部材力も制振構造を直接解析することなく予測可能である。また、これらの知見を利用して、任意の架構形状を有する制振構造物の自由度を大幅に縮小できる簡素な構造解析モデル作成へと拡張した。