共 催:東京工業大学科学技術創成研究院   一般社団法人国立大学協会
    東京工業大学フロンティア材料研究所 東京工業大学未来産業技術研究所

日 時:2016 年 11月12日(土)
会 場:東京工業大学 田町キャンパス キャンパス・イノベーションセンター 1階 国際会議室
    (東京都港区芝浦3丁目3番地6号)

参加費:無料

フライヤー(pdf)はこちら

このシンポジウムは,「国立大学フェスタ2016」および「防災・日本再生シンポジウム2016」の一環として開催されます.

お申込み方法:こちらの申込フォームからお願いします。

主催者から配布された整理番号を必ず会場にお持ち下さい.整理番号をお持ちでない方の入場はお断り致します.

趣旨説明: 

 2016 年4 月に発生した熊本地震では,木造家屋や鉄筋コンクリート造マンションなどの住まい,学校や市庁舎などの公共建物,職場である事務所ビルなど多くの建物が被災し,地域住民の暮らしに大きな影響を与えました.これらの建物が地震後も機能を維持し,早期復旧の社会基盤となることが大変重要であることは,熊本地震からもよく分かります.
 そこで,建物の耐震安全性や都市防災について研究を進めている東京工業大学では,建物の安全性について,一般市民へ向けて広く発信するシンポジウムを開催し,熊本地震の教訓,強靭な建物や都市を作るための取り組みについてご紹介します.講演内容は高校生・大学生の皆さんにも分かるようにしていますので,どうぞご参加下さい.

プログラム: 

14:00      開 会
14:00--14:05 趣旨説明                  笠井 和彦(東京工業大学教授)
14:05--14:40 招待講演 「熊本地震の教訓」        高山 峯夫(福岡大学教授)
14:40--15:10 講演1  「木造住宅の安全性」       坂田 弘安(東京工業大学教授)
15:10--15:20 休 憩
15:20--15:50 講演2  「学校校舎・マンションの安全性」 河野  進(東京工業大学教授)
15:50--16:20 講演3  「学校体育館の安全性」      山田  哲(東京工業大学教授)
16:20--16:30 休 憩
16:30--17:00 講演4  「耐震改修とその効果」      竹内  徹(東京工業大学教授)
17:00--17:30 講演5  「高層ビルの安全性」       笠井 和彦(東京工業大学教授)
17:30      閉 会

お問合せ:東京工業大学 佐藤 大樹 E-mail : sato.d.aa@m.titech.ac.jp