トップページ » 受賞・表彰 » 日本鋼構造協会業績表彰 論文賞を受賞(吉敷祥一准教授)

日本鋼構造協会業績表彰 論文賞を受賞(吉敷祥一准教授)

吉敷 祥一准教授が、日本鋼構造協会業績表彰 論文賞を受賞しました。本賞は、鋼構造及びその複合構造に関する学術・技術の進歩発展に貢献すると認められる優れた論文及び技術報告に与えられます。

受賞日  : 2020年11月19日
受賞テーマ:「低層ブレース構造の被災後補修に関する一連の研究
選考理由 :本論文で得られた知見は、震災で損傷を受けた屋内運動場が避難所などの防災拠点として継続使用できるか否かを判断する上で有用であり、防災対策上の非常に実用的な研究成果であると言える。本論文は新規性、実用性、応用性の高い論文で有り、今後の建築鋼構造の発展普及にも貢献できる論文であると判断する。

 

 

日本鋼構造協会HP

吉敷研究室

ページトップへ