トップページ » プレスリリース » 室温で緑色発光するp型/n型新半導体
ー ペロブスカイト型硫化物で実現 ー (平松秀典准教授)
室温で緑色発光するp型/n型新半導体
ー ペロブスカイト型硫化物で実現 ー (平松秀典准教授)

東工大プレスリリース 2019年04月04日

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の平松秀典准教授、飯村壮史助教(研究当時)、細野秀雄教授(研究当時)、物質理工学院 材料系の半沢幸太大学院生(博士後期課程3年、研究当時)の研究グループは、独自の化学設計指針をもとに、適切な元素置換で、電気特性の制御ができ室温で緑色発光するペロブスカイト硫化物の新半導体 "SrHfS3"を開発した。

現在、発光ダイオード(LED)やレーザーダイオードとして幅広く用いられているInGaN系(窒化物)、AlGaInP系(リン化物)の材料は、人間の視感度が最も高い緑色において電流の光変換効率が大きく低下するという問題がある。開発したSrHfS3は、高効率、高輝度、高精細が要求される次世代光学素子用の緑色光源として応用されることが期待される。

本研究成果は、米国化学会誌「Journal of the American Chemical Society」オンライン版に3月6日(現地時間)に掲載された。

詳細は東工大ニュースをご覧ください。

本研究成果の関連記事が掲載されました。
 日経産業新聞 2019年4月5日付 6面
 化学工業日報 2019年4月8日付 朝刊8面

以下のウェブサイトに、関連する情報が掲載されました。
 Chem-Station : 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現
 EE Times Japan:  東工大、高効率で高輝度の緑色LED用材料を開発
 OplusE:グリーンギャップ問題を解決する次世代緑色LEDを開発
 OPTRONICS ONLINE:東工大,室温で緑色発光する新型LEDを開発
 fabcross for エンジニア 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を開発―ペロブスカイト型硫化物で実現

 

細野・神谷・平松・片瀬研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ