トップページ » プレスリリース » 超高圧で合成される機能性酸化物の薄膜化に成功
ー 新たな電気・磁気機能材料の開発につながる成果 ー
(重松圭助教、清水啓佑博士研究員、Hena Das特任准教授、東正樹教授)
超高圧で合成される機能性酸化物の薄膜化に成功
ー 新たな電気・磁気機能材料の開発につながる成果 ー
(重松圭助教、清水啓佑博士研究員、Hena Das特任准教授、東正樹教授)

東工大プレスリリース 2019年11月25日

 重松圭助教、清水啓佑博士研究員、Hena Das特任准教授、東正樹教授らの研究グループは、神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)と共同で、マンガン・銅・セリウム・酸素からなる超高圧相の酸化物(化学式:CeCu3Mn4O12)を高品質な薄膜として合成することに成功した。
実験による合成と第一原理計算による予測によって、CeCu3Mn4O12薄膜の結晶格子に与える歪みの影響を調べ、面内に圧縮歪みを印加することで垂直磁化膜になることを発見した。垂直磁化膜は高記録密度磁気メモリーやスピントロニクスに重要な特性であり、新たな電気・磁気機能材料の開発につながると期待される。
研究グループには上記のほか、東京工業大学 物質理工学院 材料系の山本一理、西久保匠の大学院生2氏と科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所のSergey A. Nikolaev(ニコラフ・エイ・セルゲイ)特任助教、神奈川県立産業技術総合研究所の酒井雄樹常勤研究員が参加した。

研究成果は10月22日に米国化学会誌「Applied Electronic Materials(アプライド・エレクトロニック・マテリアルズ)」のオンライン版に掲載された。
DOI: 10.1021/acsaelm.9b00547

詳細は東工大ニュースをご覧ください。

 

東・山本研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ