トップページ » プレスリリース » 三井住友建設と共同開発した損傷制御型トラス梁構法
「雷靱(RAIJIN)」の設計法に関する記事が掲載されました(吉敷祥一准教授)
三井住友建設と共同開発した損傷制御型トラス梁構法
「雷靱(RAIJIN)」の設計法に関する記事が掲載されました(吉敷祥一准教授)

2021年04月08日

吉敷祥一准教授が、三井住友建設と共同開発した損傷制御型トラス梁構法「雷靱(RAIJIN)」の物件適用へ設計法を確立し、 日本ERIによる構造性能評価を取得したため、実際の物件への適用が可能となりました。

関連する記事が以下のメディアに掲載されました。
・建設通信新聞DIGITAL:https://www.kensetsunews.com/archives/554617
・日刊建設工業新聞オンライン:https://www.decn.co.jp/?p=119331
・日刊工業新聞 2021年3月30日付 朝刊18面
・建設工業新聞
・建設通信新聞
・建設産業新聞

吉敷研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ