トップページ » 過去に開催された講演会・セミナー » 過去に開催された講演会・セミナー(2012年度) » 第109回 建築物理研究センターセミナー(大阪大学名誉教授 鈴木計夫氏)

第109回 建築物理研究センターセミナー(大阪大学名誉教授 鈴木計夫氏)

開催日時 2012/10/23 15:00-16:30
開催場所 R3棟 6F 大ゼミ室
主催建築物理研究センター
連絡先坂田 弘安(hsakata@serc.titech.ac.jp)

プログラム等

第109回 建築物理研究センターセミナー

講師:鈴木 計夫 (大阪大学 名誉教授)
講演テーマ:プレストレス技術とSoft-Story(免振層)技術の展開

講演概要:

0.アメリカのPC技術の最新状況

1.これからの建物に求められるもの
 ・高耐震性 :大地震時でも軽微な被害、高復元性、補修殆ど無し
 ・高耐久性 :ひび割れ無しor制御 の高耐久性
 ・高利便性 :増改築容易、組み立て・解体・移設 自由自在

2.プレストレス技術を取り入れた3~4次元世界での仕事

3.PC構造の特徴、設計法概説
 ・PC構造の歴史
 ・PC構造の位置付、特徴  ・PC架構の応力、変形
 ・断面曲げモーメント設計、計算例 ・その他の断面設計

4.PCの応用技術
 ・曲線PC部材の力学
 ・PC合成部材  

5.PRC構造と設計  
 ・プレストレス率 ・ひび割れ幅の算定 ・高強度鉄筋緊張のPRC部材

6.Soft-Story(免振層)技術の展開
 ・Soft-Storyとは ・大変形能力柱によるSoft-Story  
 ・小残留変位

7.PC関連の今後の研究課題
 ・トルクによる手締め導入工法の確立

 ・PS圧着工法の確立(コンクリート、鉄骨、木造)

 

ページトップへ