トップページ » 研究内容・職員 » 吉村 昌弘

吉村 昌弘

教授 (現・東北大学金属材料研究所 客員教授)
吉村 昌弘
(2008年 3月31日 定年退職)
所属領域
Office-
ポスト番号-
電話番号-
FAX番号-
メールアドレスyoshimura@msl.titech.ac.jp
専門分野無機材料・物性, ソフトプロセス, 新素材セラミックス
研究キーワードアモルファス,液相合成,共晶セラミックス,蛍光体,水熱,生体親和性材料,ソルボサーマル,低環境負荷合成,電気化学,ナノカーボン,ナノ粒子,薄膜
ホームページ研究室ホームページ


セラミックスを溶液から直接作る

 
 

 有限の地球上での人類の継続的生存を支える材料と材料循環を考慮して、我々は「ソフト溶液プロセス」を提案し、高機能セラミックスを水溶液から直接作れないのか?に挑戦している。溶液プロセスは元来すべての生態系がそれに依存しており、高温や高エネルギーや高価な真空系や試薬を用いないで、しかも密閉系として循環可能であるので環境に優しいからである。溶液反応、水熱反応、電気化学反応、錯体反応などを駆使して現在までに BaTiO3 、 SrTiO3 、 CaWO4 、 LiCoO2 、フェライト、カーボンなどの薄膜・厚膜、アパタイトやジルコニアおよび Li 複合酸化物の微細結晶や HA ウィスカーなどを RT-200 ℃の水溶液中で作製することに成功している。セラミック膜の直接パターニングカーボンナノチューブの作製にも成功した。共晶融体からのセラミックス作製法も提案中である。


人工材料および天然材料の生産性に
おけるエネルギー/
性能マップ:ソフトプロセスは環境負荷の小さい高機能材料の生産を指向する
 
   

教授:吉村昌弘

   
 

フロー式水熱電気化学セルを用いて Ba 溶液中( 150 ℃, 1 h)で生成した結晶性 BaTiO3

 Considering materials and their cycle to sustain human life on the earth we have pursued research on “Soft, Solution Processing” which is defined as environmentally friendly fabrication routes of advanced ceramics using (aqueous) solutions. These processings can be completely cycled in a closed system and they essentially do not require high temperatures, expensive vacuum systems, and high energies. They allow the fabrication of shaped/sized/oriented ceramics in a single step, without shaping, sintering or melting. Utilizing designed solution reactions at RT-200 ℃ , including hydrothermal, electrochemical, complexed (chelated), etc., we have prepared thin/thick films of BaTiO3, SrTiO3 , CaWO4 , LiCoO2 , Carbon, etc., and fine crystals of hydroxyapatite, zirconia, Li-double oxides and hydroxyapatite whiskers. We have succeeded in Direct Patterning of Ceramics and synthesis of Carbon-nanotubes in solutions.

 
   

Professor: Masahiro Yoshimura


ページトップへ