トップページ » 過去のイベント » 過去のイベント(2014) » 構造工学フロンティア国際会議

構造工学フロンティア国際会議

開催日時 2015/03/18
開催場所 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 大学会館 多目的ホール
主催主催:東京工業大学 建築物理研究センター
後援:(公社)日本地震工学会、内閣府日本学術会議(予定)
連絡先SEFC2015運営事務局 E-mail: sefc2015@serc.titech.ac.jp

プログラム等

構造工学フロンティア国際会議(2015年3月18日~19日)

3月18日(水)

1 大規模木材構造の展開 Prof. John van de Lindt, Colorado State Univ.
坂田 弘安教授 東京工業大学
岡 日出夫氏 竹中工務店
2 新旧超高層建築の性能 Prof. Stephen A.Mahin, Univ. of California 
笠井 和彦教授 東京工業大学
常木 康弘氏 日建設計
3 大規模構造の応答制御 Prof. Xilin Lu, Tongjin Univ.
Prof. Kuo-Chun ChangNational Taiwan Univ.
狩野 直樹氏 鹿島建設
4 建築構造物の崩壊 Prof. Jerome F. Hajjar, Northeastern Univ.
中島 正愛 教授 京都大学
5 非構造物の耐震性 Prof. Manos Maragakis, Univ. of Nevada
元結 正次郎 教授 東京工業大学
金子 美香 氏 清水建設

 

3月19日(木)


6 RC構造の安全性と機能継続性 Prof. Jack P. Moehle, Univ of California
壁谷澤 寿海 教授 東京大学
勝俣 英雄 氏 大林組
7 RC耐震壁の性能向上と適用 Prof. John W. Wallace, Univ. of California
河野 進 教授 東京工業大学
小室 努 氏 大成建設
8 鋼板耐震壁・制振壁の性能向上と適用 Prof. Keh-Chyuan Tsai, National Taiwan Univ.
玉井 宏章 教授 長崎大学
9 地震時におけるH型・角型鋼柱の安定性 Prof. Chia-Ming Uang, Univ of California
山田 哲 教授 東京工業大学
10 革新的構造の展開 Prof. Greg G.Deierlein, Stanford Univ.
竹内 徹 教授 東京工業大学
勝俣 英雄 氏 大林組
11 大震災の被害とこれから Prof. Gregory A.MacRae, Univ of Canterbury
和田 章 名誉教授 東京工業大学




ページトップへ