トップページ » プレスリリース » 高効率スクリーニングにより新光触媒物質を発見(大場史康教授)

高効率スクリーニングにより新光触媒物質を発見(大場史康教授)

日刊工業新聞 2016年08月08日 朝刊15面 他1紙

  日刊工業新聞は8月8日付朝刊で、京都大学の林博之助教と田中功教授、本学大場史康教授、名古屋工業大学の壬生攻教授らのグループが、数多くの未知物質の光触媒機能をコンピューター上で予測し、既存物質を上回る性能のスズモリブデン四酸化物を発見したと報じました。

詳細は、東工大ニュースをご覧ください。

大場研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ