トップページ » プレスリリース » 最高の超伝導転移温度(Tc)を持った鉄系超伝導物質の新たな特徴を発見(細野秀雄教授、飯村壮史助教)

最高の超伝導転移温度(Tc)を持った鉄系超伝導物質の新たな特徴を発見(細野秀雄教授、飯村壮史助教)

東工大ニュース 2017年05月23日

飯村壮史助教、元素戦略研究センターの松石聡准教授、細野秀雄教授、 岡西洋志大学院生(現デロイトトーマツコンサルティング)らの研究グループは、鉄系超伝導体中で最も高い超伝導転移温度(Tc)を示す砒酸水素化鉄サマリウム(SmFeAsO1-xHx)のSmサイトとHサイトへの 同位体置換に成功し、新たな反強磁性相を発見しました。

本成果は5月15日に「米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)」のオンライン速報版に掲載されました。 詳細は、東工大ニュースをご覧ください。

 

 

細野・神谷・平松研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ