トップページ » プレスリリース » 温めると縮む材料の合成に成功(東 正樹 教授)

温めると縮む材料の合成に成功(東 正樹 教授)

東工大プレスリリース 2018年06月11日

 東正樹教授、山本孟大学院生(現:東北大学助教)、今井孝大学院生、 神奈川県立産業技術総合研究所の酒井雄樹常勤研究員らの研究グループは、これまでに発見された材料の中で最大の体積収縮を示す“温めると縮む”負熱膨張材料を発見しました。

詳細は東工大ニュースをご覧ください。

研究成果は、ドイツの応用化学誌「Angewandte Chemie International Edition」オンライン版で公開されました。

本研究成果の関連記事が、以下のメディアに掲載されています。
朝日新聞 2018年6月28日付 朝刊26面
化学工業日報 2018年6月12日付 朝刊1面

 

東研究室



プレスリリース(年月別)

ページトップへ